IPFS.FAN の特徴

① 独自に最適化されたIPFSストレージマシンを持つ限られたマイナー

ファイルコインマイニングはASICのような特別な機器を要しませんが、それでもファイルコイン マイニングに最適化された機器を使う方が遥かに有利です。

IPFS.FANは、独自に最適化されたストレージマシンを調達することのできる限られたマイナーの1つであり、技術だけでなく機器の面でも優位性の高いマイナーです。

② 高い技術力

IPFS.FANは、ストレージマイニング分野で高い実績を持つHpool等が株主であり、ファイルコイン のマイニングに利用されるPoC(Proof of Capacity *1)分野で先駆的な技術力を誇ります。

こちらは競合他社(4社)と IPFS.FAN の比較データですが、テストネットの初期の段階から高い適応力を見せました。

その後、各社とも最適化を進めるため、最終的には各社遜色のない成功率に集約しますが、メインネット開始後も公式アップデート等は都度行われるため、その時点その時点でいち早く最適化を図る能力が高いことは、マイニング能力にも大きく影響します。

*1 ビットコインなど従来型の暗号通貨はPoW(Proof of Work)の仕組みでマイニングが行われますが、ファイルコインはPoCのため、従来型のマイナーでは技術対応できません。

③ 大手IDCでの安定した保守管理

ストレージマイニングの場合、PoW型マイニングと異なり、膨大な電力や冷却装置を必要としないため *2 、IDC(インターネット・データセンター)での保守管理が可能です。
IPFS.FANは、チャイナモバイル・チャイナユニコムのIDCにて保守管理を行なっており、安定稼働の点でも非常に安定性の高い運営を維持しています。

*2 従来のビットコイン系のPoWマイニングは、山奥、僻地、寒冷地など迅速な24時間保守管理ができる環境ではない場所に置かれることがほとんどでしたが、PoCマイニングの場合、そのような問題がありません。

④ 顧客(候補)基盤の優位性=収益基盤の優位性

意外なことですが、ファイルコインのマイニングにおいては、実世界(リアル)でのコネクション、営業ネットワークがマイニング収益に大きな影響を与える可能性があります。

ファイルコインの基盤技術であるIPFSは、データを分散保管するP2Pのシステムですが、リアルにデータを預けてくれる顧客を持っているほうが、収益面が有利になる可能性があるのです。

IPFS.FANの主要株主であるHpoolは、暗号通貨業界の大手VC(ベンチャーキャピタル)2社から出資を受けているため、これらVCネット
ワークを通じて、IPFS技術を使う顧客とのコネクションを圧倒的に構築しやすいポジションにいます。

IPFSは非常に実需性の高い技術です。企業はデータを自社のストレージではなく、分散保管することで様々なリスク回避や、さらにはサーバ等のハードウェアへの初期投資を大きく軽減できる可能性もあります。

IPFSを使うには、企業側は自社のデータ(コンテンツ等)を分散化させる必要がありますが、企業としては、同時に分散化されたデータがきちんと管理され、使用できているかもチェックしないといけません。

そうなりますと、企業としては漠然と世界中のストレージにコンテンツを分散化するのではなく、まずは自分がよく知っているストレージを使いたいと考えます。特に始めたばかりのフェーズではなおさらです。

この時にコネクションの有無が大きく意味を持ってきます。日本でもVCが投資先に顧客を紹介し、売り上げを飛躍的に拡大させていますが、それと同じことが、ファイルコインマイニング分野でも起こりえます。

IPFS.FAN(Hpool)は、顧客紹介を大きく期待できる限られたマイナーなのです。